マーチャンダイジング部 第一部

マーチャンダイジング部 第一部 エレキギター・プロダクト
ベース・プロダクト
アコースティック・ギター・プロダクト
ギター電装・パーツ管理
ギター品質管理
企画開発室
仕入・輸入業務
法務コンプライアンス

エレキギター・プロダクト ベース・プロダクト アコースティック・ギター・プロダクト

(3部門同様な仕事です)
Ibanezギターを3分野に分け、それぞれの分野で仕事をします。
アジア地域を中心とした海外生産委託拠点や国内生産委託拠点を相手とする営業交渉業務が主な仕事です。生産メーカーの選定から始まり、仕入価格の交渉、価格設定・価格管理、あるいは品質管理や納期の管理などを行います。品質管理の一環として海外客先からの苦情処理も担当します。
担当分野の商品企画、簡単な商品改良の提案、マニュアル類作成を行ったり、メーカー側からの企画提案を星野楽器(株)販売部門と協議する販促ミーティングに参加したりもします。

ギター電装・パーツ管理

エレキギター、ベース、アコースティック・ギターの電気系パーツの企画・開発・設計と、パーツ全般の管理を行います。
商品開発の初期段階から、どのような機構・電装部品がその製品にとって適切かという観点に立って関わりつつ、製品ライフサイクルを考えながら保守パーツ全般をコントロールします。特に電装部品に関しては、弦楽器製品の機能やコストにおける影響が大きいため、製品仕様を考慮しながら電子・電気、音響技術上での新規開発を行います。また、状況に応じて適切な他社製品を選定、手配します。

ギター品質管理

ギター全般の品質管理を行います。
国内外に拡がる製造委託先の協力工場に駐在し、現地スタッフと協力しながら商品の品質向上を目指します。検査基準を定め、Ibanez専任で検品を行うスタッフへ技術指導を行うことで、常に安定した品質の商品を出荷できる体制を整えます。

企画開発室

Ibanezギター全般の企画を行います。企画という仕事の中には、ギターの仕様を考えたり、メーカーを選定したり、といった生産面のみならず、効果的な宣伝方法を考えるような販売戦略面も含まれます。

企画のほか、開発・設計も担当します。基礎研究というより様々な素材や機能の用途開発を主とし、演奏者の立場から商品化に取り組みます。素材を選定し、その加工方法・デザイン等を考え、さらに専門分野の知識を生かして機構と制御を加えていきます。素材選びの最初から、量産される製品となるまでの過程すべてに関わります。

開発担当の仕事詳細

詳しい仕事内容をご覧いただけます。

世界の市況や流行を読み取り、未来の音楽シーンに求められるギターを送り出すために必要なものは何なのかを考え、それを実現すべくマーチャンダイジング部の他部門や、販売部と密に連携を取り、推進していくための部署です。

仕入・輸入業務

仕入先や委託製造先に注文書が発送され、商品を受け取るまでに必要となる様々な処理すべてがこの部署の仕事です。生産、納期の情報を入手し、生産遅れが無いか気を配り、正確に納入進捗を管理します。
支払いに向けて輸入信用状 (L/C) を開設する手続きを行ったり、海外送金の手配を行ったりといった業務も担当します。商品が委託製造先から発送され日本に到着するまでの間には、輸入通関用の書類を取り揃えるなど通関のための手配を行います。貿易事務の知識を必要とする部署でもあります。国内メーカー取引の場合には、発注の処理、商品納入情報のコンピュータ入力も担当します。
また「商品企画・仕入」に関わる実務として、生産拠点に対する発注業務をはじめ、アフターサービス用パーツや製作用資材の手配、商品在庫管理、マーチャンダイジング第一部・第二部関連の実績管理なども行います。部内の各部門と連携を取り、業務の円滑化・効率化をはかる役割も担っています。
この部署に属する三郷ディストリビューションセンターでは、正確・迅速に、また商品を手に取る側の心情を考え誠意を持って物流処理を行います。国内外から運ばれてきた商品の受入作業を行い、種類別に所定の位置に在庫、受注状況や出荷先を確認して出荷優先順位を決定し、検品により品質基準をパスした商品のみを梱包し、出荷作業を行うというのが大まかな流れです。品質基準の保守と納入商品の品質実態管理、商品納入予定管理、梱包資材の発注・納入管理、国内出荷処理の代行、売上目標達成のための出荷推進管理、物流効率を上げる企画なども担当します。

法務コンプライアンス

世界中で広まっている製品規制に関する情報収集を行い、プロダクト部門との連携により適合製品の実現を目指す部署です。